「天下茶屋整骨院」で根本改善し健康なお身体へ

「雨の前の日は古傷が痛む」。皆さん一度は聞いたことはあるかと思いますし、日常で経験されている方もおられることだと思います。では、何故そのようなことが起こるのでしょうか?

生物は様々な細胞がならび個体をなしています、ヒトにも骨、筋肉、脂肪細胞など様々な細胞で身体を構成しています。この細胞は外界からの圧力に潰されないように内圧がかかっています。骨、筋肉、などは細胞が羅列することによって作られているのですが、古傷すなわち骨が折れたり、縫い傷など大きな怪我をした際は身体がより強い組織に置き換えて修復します。この細胞の違いが雨の前や雨の日に気圧が変化することによって細胞の内圧と外界の気圧のバランスに対応できなくなり古傷のところの違和感や痛みが起こる原因なのです。

もちろん古傷のところの細胞を元の細胞に戻すことはできませんが、筋肉のバランスが良い状態であれば気圧や気温といった外界の変化に対応することができ筋肉が縮こまることや骨を引っ張ることもなくなれば違和感や痛みを和らげることができるのです。天下茶屋整骨院ではB&M背骨歪み整体法で背骨や筋肉のバランスを良くすることによって根本的にお身体の状態を診させていただいています、お身体のお悩みは天下茶屋整骨院まで!

西成区で整体なら「天下茶屋整骨院」 PAGETOP