「天下茶屋整骨院」で根本改善し健康なお身体へ

足の裏が痛い!例えば、長時間の歩行、長い立ち仕事、マラソンランナーやダンサーなど、そして履き慣れた靴から新しい靴に履き替えたときにも起こることがあります。おそらく足底腱膜、筋膜炎の可能性が高いです。
・足底腱膜とは、足の裏にある薄い膜のように幅広い腱のことで踵の骨から足の指の付け根の骨にむかって扇状につながっていてとても丈夫にできています。

・足底筋膜は足裏の土踏まずのアーチ型を作り出すことで、足裏からカラダに伝わる衝撃をやわらげる働きをしています。

この腱と筋膜に何かしらの影響で炎症が起こり痛みを生じているのです!足底腱膜、筋膜炎はアイシング、ストレッチ、テーピング、リハビリだけではなかなか良くなりません。足の裏の筋肉は、足首や膝、股関節、骨盤などの歪みによって影響を受けます。この状態はストレッチやテーピング、体操などでは良くすることができません。できたとしても時間がかかりすぎます。時間がかかると二次的な症状がおこるリスクがあります。

最近、背中が丸くなってきたと感じてきたり、昔から人から猫背になっていると言われたことはありませんか?このような丸くなった背中も実は足底腱膜、筋膜炎を起こす理由の一つでもあります。骨格の歪みは腰の痛や肩こりに関係するだけではありません。骨格が歪むと、足の裏で身体の重さをうまく支えられなくなり痛みを起こすのです。天下茶屋整骨院ではB&M背骨歪み整体法で背骨の歪みを整え身体のバランス整えることで足底の負担のかけ方を変えるだけでも痛みがなくなっていきます。

西成区で整体なら「天下茶屋整骨院」 PAGETOP