「天下茶屋整骨院」で根本改善し健康なお身体へ

自然治癒力は、ヒトにもともと備わっている能力の一つだといわれています。昔から「手当て」という言葉があるように、おなかが痛い時などに患部に手を当ててじっとしているうちに、症状が楽になってしまうことがあります。また、風邪をひいた時、消化の良いものを食べ、暖かくして寝ていると、良くなることがあります。これらはヒトが持つ自然治癒力のおかげといえるでしょう。

私たちが、痛みなどの強いストレスを感じた時、脳下垂体からエンドルフィンという物質が分泌されます。このエンドルフィンには、麻薬のモルヒネと同じ作用、つまり痛みや不安をやわらげる力があります。ヒトが経験する典型的な痛みは女性の出産だといわれますが、分娩の前からエンドルフィンの活性は高まり始め、分娩時には通常の6倍にも達することがわかっています。出産のストレスと痛みに対応するために、ヒトの身体は自己的にエンドルフィンという麻薬をつくり出しています。

エンドルフィンの他にも、強心薬のジギタリスと同じ作用をする物質や、狭心症の発作を抑えるニトログリセリンとよく似た効果をもつ物質が、私たちの血管の内面から分泌されることがわかっています。また、私たちが怪我をした時、傷が化膿して、膿が出ることがあります。膿は、侵入しようとする細菌を防ぐために、白血球が闘った跡なのです。白血球のような食細胞は、体内に入り込もうとする細菌を食べることで、病気の感染を防いでいます。このような抵抗力も、ヒトのもつ自然治癒力の一つだといえます。

ヒトのには、このような優れた治癒力が備わっていますが、時にはその能力を超えた強い病原菌が侵入することがあります。また、ストレスが続くと、自然治癒力が弱まることもあります。このような時に病気にかかると、自己免疫力だけでは抵抗できなくなることもあります。体内の反応が順調におこなわれていれば健康です。しかし、何らかの理由で反応が不調になると病気になります。その時、生体内反応は常に健康な状態に戻ろうとして働きます。これを「ホメオスタシス」といいます。この恒常性の維持能力を大きく超えた病態については、薬などの力を用いて健康に戻す必要があります。

天下茶屋整骨院では、お身体の痛みだけでなく皆様が日々の生活にお困りにならないように生活習慣などで体調を崩さない様にアドバイスもさせていただいています。

西成区で整体なら「天下茶屋整骨院」 PAGETOP