「天下茶屋整骨院」で根本改善し健康なお身体へ

皆さんこんにちは天下茶屋整骨院です。日に日に外出自粛の要請が強くなっていますが皆さんいかがお過ごしでしょうか。自宅にいることが多くなったが故にテレビ、パソコン、スマホを見る、触る時間が増えたと当院の利用者様の中でも仰る方が多いです。実際に大手出版社がこの機会に漫画を何冊まで無料で読めるというサービスを行っています。スマホを筆頭にディスプレイを見る時間が長くなることは必然です。今回は長時間で同じ姿勢でスマホ、パソコンを見ることについて記していきます。

皆さんは携帯、パソコンを長時間見ていると視力が落ちる、と言われたことはありませんか。厳密にいうとパソコンやスマホを使う事によって視力の低下を招くという事はありません。視力低下を招く要因は様々あり、その中でも大きな要因となるのは「長時間同じ距離のモノを見続ける事」です。パソコンやスマートフォンを使うと視力が低下するのではなく、長時間近い場所で強く発光するディスプレイを見続け、眼に強力な光を当て続けることが視力低下の原因です

視力低下を防ぐために適度な休憩を挟む。長時間近い距離を見続ける事が眼の筋肉へ過度な負荷を与える事によって、眼精疲労が溜まってしまいます。パソコンやスマホを使う場合は1時間に1分で良いので、軽く目を閉じて眼球を上下左右に動かすなど、眼の筋肉のストレッチを行なうと良いでしょう。次に可能ならば遠くを見る事が出来ればより効果的です。遠くを見る際は眼の筋肉は緊張がほぐれた状態となります。近い距離のディスプレイを見続けていたのなら、なおさら眼を効果的に休憩させる事が出来、眼精疲労の蓄積を遅らせる事が出来ます。天下茶屋整骨院では眼の筋肉つながる身体の深部側の筋肉のバランスを整える施術と身体を支える背骨の歪みを正常に近づけるB&M背骨歪み整体を行っています。自宅でゆっくりしていても身体に痛みが走ることは良くあります。その痛みを我慢せずぜひ当院までご連絡下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西成区で整体なら「天下茶屋整骨院」 PAGETOP