「天下茶屋整骨院」で根本改善し健康なお身体へ

若いときには、ほとんど感じなかったのに40歳、50歳あたりからはっきりと膝の痛みを感じ始めるという人が増えてきます。膝の痛みを感じ始める年齢でもっとも多いのが50代(28.9%)、次いで40代(25%)です。40~50代といえど、まだまだ若いです。

では、なぜ40代、50代から膝が痛みだすのでしょう?40代、50代からの膝の痛みの多くは、変形性の膝の痛みです。変形性とは、膝の関節内でクッションの役割をする関節軟骨が少なくなり、骨と骨が摩擦を起こすようになって膝の関節が変形する病気です。最初は、強ばるなどの違和感、階段を上り降りする際や立ち上がったときに出る痛み、炎症によって腫れて痛むと言った具合に、次第に強い症状が出てきます。

天下茶屋整骨院の利用者様のほとんどが膝に痛みが出てから来院されます。しかし、この病気がやっかいなのは、痛みの強さと変形性の進行度合いが必ずしも比例していないことなのです。レントゲンの画像では、膝関節の変形がかなり進んでいるのに、あまり痛みを感じない人もいれば、鋭い痛みを感じる人もいます。

そこで、最も重要なことは少しでも膝に違和感を感じたら、受診することです。擦り減った関節軟骨はもとには戻りません。しかし、今以上に擦り減らないようにすることは可能だからなのです。また、膝の痛みの強さや変形の度合いに関係なく、また、変形性か否かにも関係なく、膝の曲げ伸ばし運動を意識してやって欲しいということです。関節は、動かさなくなればどんどん硬くなって、機能低下を起こします。そして、やがて固まり、動きにくくなってしまうからです。特に、デスクワークの人は長時間座りっぱなしです。ですから、膝の痛みがある・ないに関係なく、時間をみつけて屈伸運動を心がけることが大事だということです。

当院では、関節軟骨を再生することは出来ませんが、膝周りの筋肉のバランスを良くすること、背骨の歪みを整えることで身体の重心バランスを整え膝への負担を少なくすることで痛みを無くしていきます。

西成区で整体なら「天下茶屋整骨院」 PAGETOP