「天下茶屋整骨院」で根本改善し健康なお身体へ

こんにちは、天下茶屋整骨院です。当院に来院される利用者様の中にはお身体の痛みや痺れにお困りになり、当院の施術を受けられる利用者様も少なくありません。では何故、痛みや痺れが現れるのか?そのことを少しお話しします。

脊髄の容れ物である骨そのものに何らかのダメージが加わって壊れ始めると、痛みが現れてきます。さらに、ダメージが中身の脊髄(神経)にまで及ぶと、広がるような痛みや痺れ、麻痺といった症状があらわれます。 特に過度の負担などで神経が傷みやすいのは、頚椎と腰椎です。神経のどの部分が傷んでいるかで、現れる症状が多少異なる場合があります。ただし、痺れや麻痺は、背骨の病気だけでなく、脳の病気や糖尿病などの内科の病気が原因になっている場合もあります。痛みやしびれは異常を知らせるアラームだと考えましょう。

頚や腰の痛み、手足の痺れといった症状は、病気によるもの、ケガによるもの、関節の老化や炎症によるものなどがあります。さらに、慢性的に痛みや痺れが続く場合、生活の中で頚や腰に過度の負担をかけてしまっている人に多くみられます。例えば、スマートフォンを長時間見続ける、座りっぱなしでパソコンを操作するなど、同じ姿勢を長時間続けていると、頚や腰の骨や神経が圧迫され、壊れたり傷ついたりして痛みやしびれがあらわれることがあります。

例えば、頚椎の6番目の神経が傷んだときに多い症状は腕から、親指と人差し指にかけて痛む、痺れる、手首を反らせにくいなど。腰椎の5番目の神経が傷んだときに多い症状は太ももからふくらはぎの外側が痛い、つま先を上げにくい、スリッパが脱げやすい、細かいものにつまずきやすいなど。

また、背骨の歪みからも同じことが起こり得ます。歪みが生じることで、本来の状態が逸脱することで痛みや痺れが生じます。当院ではB&M背骨ゆがみ整体法を用いて背骨を正しい位置に戻してあげることによって痛みや痺れを取り除いていきます。

西成区で整体なら「天下茶屋整骨院」 PAGETOP