「天下茶屋整骨院」で根本改善し健康なお身体へ

こんにちは、天下茶屋整骨院です。更年期とは、おおよそ45~55歳ごろの時期を更年期と呼びます。従来は更年期といえば女性の話しでしたが、最近では男性の更年期も話題になっています。この年齢になると、体内の性ホルモンが減少することにより身体に変化が生じます。女性ではエストロゲンという女性ホルモン、男性ではテストステロンという男性ホルモンの減少がみられます。

更年期障害とは、これらのホルモンバランスの変化によって引き起こされる不快症状が重く、生活に支障をきたしている状態です。また、ホルモンバランスの他に、本人の心理や周囲の環境も更年期障害に関係しています。すべての人が更年期障害に悩まされるわけではありませんが、身体の変化を実感する年代でもあります。

しかし、誰もが迎える更年期。この時期は、身体にこれまでとは違った変化が現われます。人によっては更年期障害がみられ、療法が必要なこともあるのですが、今後の健康づくりを考えるのにとてもよい機会でもあります。この時期に気をつけたいことは女性ホルモンには骨粗鬆症を防いだり、コレステロール値を下げる作用があります。また男性ホルモンは、糖尿病・肥満・動脈硬化・がんの防止に関与しています。ですから、これらの性ホルモンが減少する更年期以降は、これまで以上に健康づくりに取り組んでいく必要があります。食事は腹八分目にして肥満を防ぎ、自分のペースで楽しくできる運動を続けましょう。ストレスをためないために、打ち込める趣味やスポーツを見つけてみてください。お酒の飲みすぎや喫煙も控えましょう。

男性には、女性の閉経のようなはっきりとした節目はありません。男性ホルモンが徐々に減少するために更年期障害の症状が現われるのですが、男性の場合、必ずしも性ホルモンの減少が伴うわけではありません。体力の低下や周囲の環境など、他の要因も大きく影響しています。  女性の更年期障害は症状が急に現われるのに対し、男性では徐々に現われるのも特徴です。

大切なのは、更年期をマイナスイメージでとらえないことです。これから迎える老後に向けて、ゆっくりと準備をするよい機会と考えてください。今後の病気予防を考え、今から健康づくりを始めれば、年をとっても元気でいられるのではないでしょうか。当院で定期的にお身体のメンテナンス、そしてより良い日常生活を方を学んでいきましょう。

西成区で整体なら「天下茶屋整骨院」 PAGETOP