「天下茶屋整骨院」で根本改善し健康なお身体へ

感染症といえば、一般的にはインフルエンザなどが代表的です、特に冬に気を付けたい感染症です。風邪のような症状で始まることが多く熱も出ます。このような感染症の多くは、感染症にかかっている人のクシャミや咳から広がっていきます。また、下痢やおう吐をともなう感染症の場合、感染している人の排泄物や手などから感染が広がることが知られています。いずれの感染症も予防するためには、手洗い、うがい、マスク着用という感染予防策が必要なのです。

さらにもう一歩進んだ感染予防策として挙げられるのが、自分の免疫力を高めることです。仮に病原体が身体の中に入って来ても、免疫力が高い状態を維持できていれば、病原体を撃退することができ、感染をすることなく過ごすことができます。

では、免疫力を高める方法は?これには、いくつかの方法があります。

・体温を維持すること。
意外かもしれませんが、風邪をひいた時に熱が出るのは、実は免疫細胞が頑張っている証拠でもあります。免疫細胞が働くとき、酵素が重要な役割を果たしていますが、この酵素の働きが活発になるのが、およそ37℃。 つまり、平熱よりも少し高いくらいが、免疫細胞にとっては都合が良いといわれています。

もちろん、高すぎる熱が続く場合は下げることが必要ですが、感染症による一時的な発熱なら、41℃を超えるまではそこまで心配する必要はないといわれています。また、軽い運動で身体の基礎代謝を上げたり、全身の血流を良くしておくこと、体温維持は免疫力を上げるには必要な方法です。

・バランスの良い食事と、腸内環境への気遣い。
免疫力は腸内で作られるともいわれています。まずは、免疫細胞を作り出すために、良質のタンパク質や脂肪、ビタミンやミネラルなどを、バランス良く摂りましょう。しかし、様々な食品をたくさん食べるだけではいけません。食べた食品が効率よく消化吸収され、新たな免疫細胞を作り出すためには、腸内環境を整えておくことが前提です。例えば、ヨーグルトや納豆、味噌などの発酵食品には、腸内環境を整える働きがあります。このような食材も併せて摂ることで、より効果的に免疫力を上げることができます。

他にも出来ることは沢山あります、日々の生活の中で習慣化してウイルスなどの病原体に負けない身体をつくっていきましょう。天下茶屋整骨院ではお身体を根本的に変え、より良い日常生活を送っていただけるように考えています。

西成区で整体なら「天下茶屋整骨院」 PAGETOP