「天下茶屋整骨院」で根本改善し健康なお身体へ

腰に痛みを抱えている人は、基本的に姿勢が悪い状態で日常生活を送っています。いつ来るかわからない腰の痛みにおびえながら暮らすと猫背になりやすくなり、痛くない姿勢を保とうとして知らず知らずのうちに腰を反らせてしまう人もいます。腰への負担は立っている時よりも座っている時の方が大きいと言われています。ここでは床に座る時、腰の負担にならない座り方や姿勢について考えていきます。

また、座椅子を使えば長時間楽に座れると考えられがちですが身体が楽な分、猫背になり姿勢が悪くなってしまうので、座椅子の場合でも長時間座りっぱなしにならないよう注意が必要です。腰の痛みを防ぐためには床よりも椅子に座る。腰に負荷をかけないためには、床に直に座るよりも椅子に座る方がおすすめです。

椅子は床に座るよりも腰にかかる力が分散され、負担の少ない姿勢をとりやすいからです。椅子に座る場合は、背もたれから体が離れれば離れるほど姿勢が悪くなるので、深く腰を掛けて背筋がピンと伸びることを意識して座りましょう。常に骨盤を立てる、このことを意識すると良い背筋が保てるので、心がけて下さい。

天下茶屋整骨院では、筋肉や背骨の歪みだけでなく日常生活の動作や姿勢などから正していくことが、身体への負担を減らし痛みのない生活への一歩だと考えています。

西成区で整体なら「天下茶屋整骨院」 PAGETOP