「天下茶屋整骨院」で根本改善し健康なお身体へ

皆さんこんにちは。天下茶屋整骨院です。皆さんは寝違えたことはありませんか?寝違えたとしても数日すれば痛みが無くなるものなのであまり気にしないという方も多いのではないのでしょうか?しかし、痛みが出ているときは1秒でも早く痛みを除去したいものです。今回はその寝違えに対してのアプローチについて書いていきます。

そもそも寝違えは首、肩周りの筋肉が過度に緊張してしまっている状態です。原因として長時間の不自然な姿勢、睡眠中の身体の冷え、頸部、頭部の疲労などがありますが有力な原因として睡眠中に脇を通る腋窩神経という神経が圧迫されることで発生すると言われています。

よって寝違えた時の痛みを解消するためにはこの腋窩神経の圧迫を解放すればいいので、寝違えで首が痛む側の腕を少しずつ後ろに引き上げ、自然に止まったところで大まかに20秒キープし、そして腕を下ろします。次に痛む側の手のひらで真後ろのベルトの真ん中を軽くおさえます。そのまま肘を後ろに引いて20秒キープします。最後に痛む側の手の肘の角度を120度ほどに曲げて腕を挙げます。その角度のまま腕を軽く後ろに引いて20秒キープ。これらの運動を行うと若干の痛みは残りますが、行う前と比べると十分に首の可動範囲が広げることが出来ます。しかし、痛みが除去できても再び寝違えが起こるかもしれません。当院では寝違えで困られている方にこのような痛みをとるような施術と再発予防のアドバイスを行っています。寝違えでお困りの方は天下茶屋整骨院まで。

 

 

 

 

返信

西成区で整体なら「天下茶屋整骨院」 PAGETOP