「天下茶屋整骨院」で根本改善し健康なお身体へ

寝ているときの姿勢といっても、仰向けでベッドに身体を預けたら、あとは勝手に決まると思っている人がほとんどだと思います。寝ているときの姿勢が大切だとは、なかなか思わないと思います。寝ている間はわからないから、そう思うのも仕方ないことです。

しかし、寝ている間の姿勢は大切です。それも、かなり重要だと言ってもいいです。寝ている間は、背骨を安定させる姿勢をとることが大切です。

何故なら、背骨を走る中枢神経が体内の主要器官のすべてに直接つながっていることを教えてくれる。背骨が変に歪んで脳と身体の情報のやりとりが途切れれば、深刻な問題が身体に慢性的に現れかねない。また、そういう問題のなかには、睡眠に悪影響を及ぼす根源となりうるものもあるます。

寝るときの姿勢にはいろいろあり、人はお気に入りの姿勢でぐっすり眠ろうとします。人によって心地良いと感じる姿勢はたくさんあります。いろいろな姿勢があるといっても、実際に寝ている間にとる姿勢は一つか二つに落ち着くみたいです。自分がどの姿勢をとろうとするか、撮影をしたり、誰かに確認してみてください。自分の寝ている姿勢がわかると思います。

この寝る姿勢の積み重ねによって背骨の歪み、身体への影響を与え心身共に状態が悪くなってしまうのです。天下茶屋整骨院では独自のB&M背骨ゆがみ整体法で背骨の歪みを整えることでお身体の状態を良くさせていただいています。また、寝方や枕などのアドバイスもさせていただいています。

西成区で整体なら「天下茶屋整骨院」 PAGETOP