「天下茶屋整骨院」で根本改善し健康なお身体へ

脛の痛みで整形外科を受診し湿布やストレッチ、電気での施術を受けたが、なかなか良くならない。一体いつになったら良くなるのか?このまま、痛みと付き合っていくしかないのか?どうしたら脛の痛みは良くなるのか…。そんな不安を抱えたまま時間だけが過ぎていくのは辛いですよね。その気持ち、よくわかります。その悩み天下茶屋整骨院にお任せください。

脛の痛みの原因を天下茶屋整骨院のB&M背骨歪み整体で体の歪みを整える施術をしていけば、あなたの身体は良くなります。脛の痛みは電気やストレッチ、湿布を貼るだけではよくなりません。何故、脛は痛くなるのでしょうか?日本整形外科スポーツ医学会では、脛の痛みの原因を挙げてみます。
1、ランニングの量や質の急激な変化

2、偏平足、回内足など障害の発生しやすい足の形

3、足関節の柔軟性の低下や下腿の筋力低下

4、固いグランドや路面での練習などと発表しています。一般的に、脛の痛みの対処法としては、・足底板・インソール(中敷き)をして負担を減らす。・内服薬やシップ・電気、ストレッチ・チューブやタオルを使った筋力トレーニングをして、患部を安静にさせ、筋力を強化する。あとは、炎症を抑えることを目的に行うことがほとんどです。軽度の脛の痛みの場合はこれで症状が緩和していく事もありますが、なかなか良くならないという人が多くいるのも事実です。それはなぜか?実は、脛の痛みになる原因が先に挙げた事以外に、内臓の疲れや体の歪みが関係するからです。この内臓の疲れと体の歪みの関係を無視していては、症状が変わらないということになってしまうのです。

天下茶屋整骨院では体の歪みを整えるB&M背骨歪み整体を行っております。
脛の痛みが発症・長期化しやすくなる条件として、体の歪みが大きく関与しています。体が歪むことにより、体幹の前後・左右のバランスが崩れてふくらはぎの筋肉や足首や足指の関節に過度な負担がかかってしまい、疲労が蓄積する事で脛の痛みが出てしまうのです。感覚的には、「ある日を境に、急に脛が痛くなった」と思うかもしれません。しかし、脛の痛みを発症するずっと前から体の中では、徐々に積もり積もって起こったともいえる症状なのです。もしあなたが、根本的に脛の痛みをどうにかしたいと思っているのであれば是非、天下茶屋整骨院の考え方・施術を試してみてはいかがでしょうか?

 

西成区で整体なら「天下茶屋整骨院」 PAGETOP