「天下茶屋整骨院」で根本改善し健康なお身体へ

こんにちは、天下茶屋整骨院です。皆さん、天気が悪くなると頭の痛みや膝の関節に痛みが。というような症状を訴える方やご自身はどうでしょうか?このように、気象の変化によって体調に影響が現れたり、現在の病状が悪化するような症状を持ている方は、以外に多いと思います。この様な症状は「気象病」と言い、さらにその症状の中でも慢性的に起こる痛みについては「天気痛」と呼ばれているそうです。当院の施術を受けていただけると、楽になられると喜びの声をいただいています。

この「天気痛」については、過去の怪我や手術等の傷跡の痛みをはじめ、頚や肩、関節になどの痛みを訴える方が多いといわれています。この「天気痛」というものに関してはあまり研究がなされていませんでしたが、最近は天候と身体の痛み等の関係性に対して様々な研究もされてきているそうです。天候の変化というものには様々なものがありますが、その中でも「気圧」の変動が大きな原因になっているのでは、という考え方が注目され、名古屋大学動物実験支援センター教授の佐藤純氏によるラットの実験では気圧の低下が交感神経を刺激し、頭の痛みなどの痛みを悪化させるというメカニズムが報告されています。

また、その気圧を感じるための気圧センサーが「内耳」であるということが解明され、天候の変化をあらかじめ予測し、内耳が作用する、抗目まい薬や乗り物酔い止めなどをうまく処方することによって、目まいや痛みを軽減する効果も出てきているようです。

しかしながら、この「天気痛」の特徴として、人によって気圧変化のタイミングなどが異なることもあり、それに合わせた服用のタイミングを自分自身が良く理解することが前提条件になるということです。ドイツやアメリカでは、気圧の変化から痛みの悪化を予想するような情報が国の機関より提供されています。また、日本の場合は国の機関での提供は今のところないそうですが、気圧の変化を予報する機能のついたスマートフォンのアプリがあるそうです。

天気と身体、そして気圧と交感神経の関係による体調の変化などそういった視点で、自分自身のお身体をしっかり把握しておくことも大切なのかも知れませんね。

西成区で整体なら「天下茶屋整骨院」 PAGETOP