「天下茶屋整骨院」で根本改善し健康なお身体へ

ますます外気温が夏は40度を越えてくるような猛暑や冬には氷点下ぐらいにまで下がるなど外からの身体への大きいことも身体に痛みの出やすい要因になっています。

夏の場合炎天下の中での仕事であれば常に日を浴び続けるので汗が大量に出るため筋肉の疲労は大きくなります。汗もただ水分がでていくというより塩分などの身体に必要な成分も出ていくためある程度の適度な食事と水分補給が充分でないと筋肉が回復してくれません。また、身体に熱がこもりすぎれば熱中症にもなります。

冬であれば冷たい空気と戦いながらの作業になります。身体は冷えると筋肉が外に体温を逃がさないように筋肉が縮こまり血管が細くなることで体温を維持しようとします。そのため筋肉の最近緊張が強くなるので身体が動きにくい、痛みが出やすいとなります。動いていて温くなってくると身体も動きやすくなるのですがそのまま汗をかいてしまうと仕事が終わって帰ろうとすれば汗で身体が冷やされて疲労が大きくなります。外での仕事は仕事での負担だけでなく気温などの影響も受けやすいという点もあります。それに対応しようと思えば普段からの身体のメンテナンスだと思います。

仕事で負担をかけ、さらに外気温で全体にも影響がでれば腰の痛みも強くなりますので是非ご相談ください。天下茶屋整骨院では外からの負担が多くてもそれが残りずらいように身体の負担をなくすために筋肉の施術と背骨を整えて痛みをなくしていくようにします。

西成区で整体なら「天下茶屋整骨院」 PAGETOP