「天下茶屋整骨院」で根本改善し健康なお身体へ

酷暑の日々が続いていますが皆さんはいかがお過ごしでしょうか?お盆休みも親戚と集まり楽しく食事をとられる方たちが多いのではないでしょう。宴会時にはお酒が欠かせないという方もおられるのではないでしょうか?今回はその飲酒について記事を書いていこうと思います。

乾杯の一杯目はビール、生を人数分、という常套句を宴会の場で聞いたことがあるでしょう。なぜビールなのか?大きく2つの利点があります。1つ目は提供が早い。同じものを注文すれば提供が早くなるからです。2つ目にアルコール度数が低いため急激に胃腸を刺激しないためらしいです。しかし昨今では若者のビール離れが進んでおり近い将来には乾杯の一杯目のビールという慣習はなくなるかもしれません。

アルコールには利尿作用があります。特にビールはこの作用が強く、1ℓのビールを飲むと1.1ℓの水分が出ていくと言われています。さらに炎天下でのビールは発汗作用により一層水分が失われます。そしてアルコールを分解するためには水が必要になってきます。体から水分が失われる時には同時に塩分、ミネラルなどの電解質も失われます。なので飲酒のおつまみである枝豆の塩ゆでや、味噌汁、締めのラーメンは電解質補給として最適です。また飲んだ当日の寝る前や翌朝起床時に脱水気味と感じたなら経口補水液をのむこともお勧めします。経口補水液は病気になった時の脱水時に飲むというイメージがありますが飲酒後は脱水状態になりやすいものです。この記事を読んだ後の宴会や飲み会でぜひ活用していただければと思います。

 

西成区で整体なら「天下茶屋整骨院」 PAGETOP