「天下茶屋整骨院」で根本改善し健康なお身体へ

皆さんこんにちは天下茶屋整骨院です。先日ネットでとあるプロ野球選手が長時間の飛行機にて移動する際に大腿部にバンドで縛り、大腿部を構成する内転筋群を緩まないようにするといったプロスポーツ選手ならでは移動時間中も身体に気をかけるエクササイズを拝見しました。では大腿部を構成する内転筋群とはどんな筋肉なのでしょうか。

内転筋群の主な働きは骨盤の固定、姿勢の維持、安定した歩行など日常生活で使用頻度の高い筋肉となっています。内転筋群は骨盤に付着している筋肉でもあるのでこの筋肉が脆弱になっている骨盤が歪み、その上に繋がる背骨も歪んでしまい腰の痛みの原因となってしまうこともあります。みなさんは座ったときに、足を大きく開いていませんか? 足を開いて座っている方は、両方のかかとと、両方のひざを着けて座ってみてください。ぷるぷると震えてきませんか?内転筋群が衰えると、両膝をつけた姿勢が維持できにくくなってきます。この姿勢が数分維持できなければ恐ろしいことに将来、尿失禁を引き起こす可能性があります。

当院では身体の深部側の筋肉のバランスを整える施術と、身体の軸となる背骨を正常に近づけるB&M背骨歪み整体を行っています。内転筋群のバランスが崩れている部分を刺激し、骨盤の歪みにも大きく関わってくる背骨を整え天下茶屋整骨院で自分の理想の姿勢に近づけましょう。

 

西成区で整体なら「天下茶屋整骨院」 PAGETOP