「天下茶屋整骨院」で根本改善し健康なお身体へ

今回は変形性の膝の痛みです。そのタイプには2つあり、膝関節の外側が痛い外側型、内側が痛い内側型です。その特徴は大きく異なります、外側型は、ケガや病気などの二次性の要因、内側型は、加齢や肥満、O脚など一次性の要因が多いのです。

ちなみに、膝関節にかかる体重の負荷は、内側7、外側3の割合ですので、負担の大きい内側型の変形性の膝の痛みがある方、つまり加齢や肥満、O脚の要因の方が多いのです。

そもそも膝は、平の道を歩くだけで体重の3倍の負荷がかかり、立ったりしゃがんだりすれば体重の約7~8倍もかかります。このように、日常生活だけでも繰り返し酷使しているので、加齢によって繰り返し負荷がかかった膝軟骨が擦り減ってしまうのは自然現象ともいえ、仕方ないことでもあります。

ただし、ご自身でできる有効な対処法としては、膝に負荷を減らすために体重を増やさない、О脚を治す、正しい姿勢で歩く、正しい靴を選ぶなどいろいろありますが、最初に申し上げたように、どんな方も、膝の曲げ伸ばしをすることが一番大事です。これは、膝周りの筋力強化をするためではありません。むしろ、ハードな筋力トレーニングやランニング、ウォーキングで無理をすると、膝軟骨は余計に擦り減ってしまいます。ですから、ストレッチをする程度のゆっくりとした曲げ伸ばし運動が一番良いのです。これを続ければ、膝の機能は一生ダメになることはありませんから、ぜひ、毎日、膝の曲げ伸ばし運動を続けてみてください。

天下茶屋整骨院では、状態に合わせて施術方法を解剖学、運動学的にお身体を診させていただき、独自のB&M背骨ゆがみ整体で身体のバランスを整えることで膝にかかる負担を減らし痛みを和らげていきます。

西成区で整体なら「天下茶屋整骨院」 PAGETOP