「天下茶屋整骨院」で根本改善し健康なお身体へ

皆さんこんにちは天下茶屋整骨院です。台風19号が日本に直撃し関西、関東ともに大荒れの天気となってしまった3連休の初日ですが皆さんはご無事でしょうか?昨年の9月に関西地域が台風により多大な被害に遭ったため台風被害を最小限にするべき対策、備えをされている方、呼びかけが増えているかと思います。物事に対する準備は何事にも通じます。自分の身体もそうです。痛みが出る前には何らかの原因が潜んでいます。今回は近年健康被害の原因として多く挙げられるスマホについてです。

スマホの画面からはブルーライトが出ており、このブルーライトが身体の健康を損なわせる大きな原因があります。では、実際にブルーライトが及ぼす影響にはどういったものがあるのでしょうか。多くの方が挙げられるのが目の疲労です。ブルーライトは強いエネルギーを持っているため、人間の目への刺激がとても強いです。さらに光というのは波のように決まった波長で目に入ってきますが、ブルーライトの光の波長は短く、散乱しやすいという特徴があります。そのため、ブルーライトを含んだ像が目に入ってきた時、像はぼやけて見えるという性質があります。すると人間の目は、像をはっきり見ようと無意識にピントを合わせようとします。ブルーライトが目に入っている間は常にこの作業が行われているため、目が酷使されていきます。またブルーライトの影響は目に対するものだけではありません。自律神経の乱れを引き起こしてしまうことにも繋がります。それに加え長時間スマホを触っていると肩周りの筋肉が緊張してしまい肩の重怠さ、頭に痛みが出てくる可能性があります。

当院では筋肉の緊張を緩和させるために深部側にある筋肉の柔軟性を高める施術と自律神経が通る身体の軸となる背骨を正常に整えるB&M背骨歪み整体を行なっています。ついつい寝る前や長時間スマホを触ってしまう方は症状が出る前にご連絡ください。

 

西成区で整体なら「天下茶屋整骨院」 PAGETOP