「天下茶屋整骨院」で根本改善し健康なお身体へ

指を良くパキパキと鳴らしたりしている方や鳴らそうと意識していなくても膝を曲げるときや腕の曲げ伸ばしで音の鳴っている方はいませんか?またそれが気になることはありますか?パキパキと音が鳴っていても普段は気にならないのですが当院を利用されている方でもたまになんで鳴るのかと聞かれることがあります。鳴っていると身体が悪いと思う方もおられますが必ずしもそうとは限りません。

この音がなるのは、関節というのは身体の中でさらに袋状になって包まれているもので1つはこの関節内に気泡があって曲げたり伸ばしたりして動かしたときに弾けて鳴ると言われていますし、他では筋肉の端っこの腱などの骨以外のものが引っかかってその引っかかりがとれたときなどで鳴ったりするもので身体に異常がなかったとしてもその方の身体のつくりであることもあります。

ただ、音が鳴る方でもたまに鳴る時に痛いという方がおられます。これはその引っかかりが強く、無理な負荷がかかっている場合があります。そういう場合はその周りの筋肉の緊張をなくしてあげるようにするのと身体の軸となる背骨から整えておくことで無くなっていくと思います。この機会に気になった方はご相談ください。

西成区で整体なら「天下茶屋整骨院」 PAGETOP