「天下茶屋整骨院」で根本改善し健康なお身体へ

ストレスとは本来、身体に外から加えられる刺激によって身体に生じた反応がストレスです。そのメカニズムはまだ完全には解明されていませんが、脳内物質・内分泌系(ホルモン)・免疫系・自律神経などに影響を及ぼすことが解ってきています。例えば、いざという日に限って風邪をひいてしまうことやお腹を下すなどがありますが、これはストレスによって、ホルモンや自立神経のバランスが崩れ、免疫力・抵抗力を低下させてしまうからだと考えられています。その他にもストレスには様々な心理的・行動的・身体的反応を引き起こしてしまいます。以下のような症状もストレスが原因であるかもしれません。

・胃腸の不調、ストレスの影響を受けやすい器官の代表は、何といっても胃腸。神経的にまいって胃が痛くなる、緊張してお腹が痛くなるなどの経験をしたことがある人は多いはずです。胃腸の機能が低下すると十分な栄養を吸収することができなくなって体力は低下し、ストレスに対する抵抗力も弱まってしまいます。

・肩こり、ストレスがたまると副交感神経が上手く働かなくなり、筋肉が緊張した状態が続くため、血行が悪くなって肩こりが起こります。日本人に肩こりが多いのは、勤勉で几帳面なストレスを溜め込みやすい国民性とも大いに関係があるといわれています。放っておくと、全身的な血行不良に繋がり頭の痛みや目の痛み、ひどい場合には心筋梗塞や脳卒中などを引き起こすことも懸念しなければなりません。

・依存症、ストレスを受けると脳内にノルアドレナリンという不快物質が分泌されます。これが大量に分泌されると私たちは、強い不安や恐怖、イライラを感じるようになり、その不快感を和らげるために依存症に陥りやすくなります。ギャンブルやアルコール、薬物などの依存症をはじめ、最近ではインターネット依存症、携帯電話依存症など、新しいタイプの依存症も増えてきています。

現代ではストレス社会といわれています、このストレスとどう付き合っていくのかが問題になっていきます。ストレスを、どう受け流すのか?どう発散するのか?無くなることのないストレスと向き合うことが心身共に健康な状態で日々を過ごしていただける1つのキーワードだと考えられます。天下茶屋整骨院ではお身体のことだけでなく皆さんが日々、健康で痛みのない日常生活を過ごしていただけるように考えております。

西成区で整体なら「天下茶屋整骨院」 PAGETOP